地質調査技士(現場技術・管理部門)を目指す

このページは、地質調査技士(現場技術・管理部門)を目指す人のために開設いたしました。 主に過去問の解答・解説、試験方法などについて記載していきたいと考えています。図書などを参考に記載していきますが、記載に誤りが含まれる可能性があります。 誤りがあった際はコメントをお願い致します。全地連では平成19年の過去問より無料公開していますが、出題された当時より改訂された物事があるため、基本的に過去問は新しい年より解答を載せています。

このブログについて

f:id:xxxnobuxxx:20190305150325j:plain

最近、日本では自然災害が甚大な被害をもたらしています。

地質調査技士への関心も高まっており、試験の合格を目指している人の力になれればと思い、本ブログの作成に至りました。

 

このブログでは「地質調査技士検定資格」について解答・解説を書いています。

「全国地質調査業協会連合会」がホームページにて公開している過去問・回答を使用しており、解答が発表された時点での解説となりますので、時期によってはルール等が改訂されている可能性があります。

改定等に気付いた際は修正を随時行っておりますが、手の行き届かない場合もございます。どうぞご了承ください。

 

以上のことを踏まえて、過去問と解答・解説を一覧にて公開しております。

平成22年度、平成23年度、平成24年度、平成25年度、平成26年度

平成27年度、平成28年度、平成29年度、平成30年度

各項目ごとに調べた項目に関しましては、カテゴリーよりお探し下さい。

地質調査技士資格検定試験の実施について

2019年度の試験概要が発表されていました。

本年度の試験日は2019年 7月13日 (土)

願書受付は、2019年 4月10日(水) ~ 2019年 5月13日 (月)までです。

受験の手引き等、以下のリンクよりダウンロードすることができます。

受験される方、頑張ってください(^0^)

平成31年(令和元年)の地質調査技士 資格試験 日程発表

平成31年(令和元年)の地質調査技士の試験日程が発表されました。

本年度の試験は

日時:2019年7月13日(土)

受験申込期間:2019年4月10日(水)~5月13日(月)

となっています。

受験される方は忘れずに申し込み手続きをし、計画を立てて勉強に取り組んでください。

※受験願書の配布や試験実施の詳細につきましては、2019年4月10日より全地連ホームページで案内するそうです。

※応用地形判読士に関しては、4月1日より案内を開始しています。

【速報】テクリスについて

なにやら登録時の「業務キーワード数」と「業務概要の文字数」について変更があったようです。

 

業務キーワード数

5 → 10

 

業務概要の文字数

300文字 → 500文字

 

現在わかっているのは上記の2項目ですが、他に変更があった場合は随時載せていきたいと思います。

該当している過去問や項目に関しましても随時変更していきます。

このブログについて

f:id:xxxnobuxxx:20190305150325j:plain

最近、日本では自然災害が甚大な被害をもたらしています。

地質調査技士への関心も高まっており、試験の合格を目指している人の力になれればと思い、本ブログの作成に至りました。

 

このブログでは「地質調査技士検定資格」について解答・解説を書いています。

「全国地質調査業協会連合会」がホームページにて公開している過去問・回答を使用しており、解答が発表された時点での解説となりますので、時期によってはルール等が改訂されている可能性があります。

改定等に気付いた際は修正を随時行っておりますが、手の行き届かない場合もございます。どうぞご了承ください。

 

以上のことを踏まえて、過去問と解答・解説を一覧にて公開しております。

平成22年度、平成23年度、平成24年度、平成25年度、平成26年度

平成27年度、平成28年度、平成29年度、平成30年度

各項目ごとに調べた項目に関しましては、カテゴリーよりお探し下さい。

平成22年度 地質調査技士資格検定試験 過去門

f:id:xxxnobuxxx:20190304135834j:plain

平成22年度 第45回 地質調査技士資格検定試験
「現場技術・管理部門」

  • A.社会一般,建設行政等の知識(10 問)
  • B.地質,土木・建築等の知識(14 問)
  • C.現場技術の知識 (26問)
  • D.調査技術の理解度 (8問)
  • E.解析手法,設計・施工への適用(8 問)
  • F.管 理 技 法 (8問)
  • G.入札・契約制度,仕様書等の知識(6 問)
続きを読む

平成23年度 地質調査技士資格検定試験 過去門

f:id:xxxnobuxxx:20190304135919j:plain

平成23年度 第46回 地質調査技士資格検定試験
「現場技術・管理部門」

  • A.社会一般,建設行政等の知識(10 問)
  • B.地質,土木・建築等の知識(14 問)
  • C.現場技術の知識 (26問)
  • D.調査技術の理解度 (8問)
  • E.解析手法,設計・施工への適用(8 問)
  • F.管 理 技 法 (8問)
  • G.入札・契約制度,仕様書等の知識(6 問)
続きを読む

平成24年度 地質調査技士資格検定試験 過去門

f:id:xxxnobuxxx:20190304135951j:plain

平成24年度 第47回 地質調査技士資格検定試験
「現場技術・管理部門」

  • A.社会一般,建設行政等の知識(10 問)
  • B.地質,土木・建築等の知識(14 問)
  • C.現場技術の知識 (26問)
  • D.調査技術の理解度 (8問)
  • E.解析手法,設計・施工への適用(8 問)
  • F.管 理 技 法 (8問)
  • G.入札・契約制度,仕様書等の知識(6 問)
続きを読む

平成25年度 地質調査技士資格検定試験 過去門

f:id:xxxnobuxxx:20190304135956j:plain

平成25年度 第48回 地質調査技士資格検定試験
「現場技術・管理部門」

  • A.社会一般,建設行政等の知識(10 問)
  • B.地質,土木・建築等の知識(14 問)
  • C.現場技術の知識 (26問)
  • D.調査技術の理解度 (8問)
  • E.解析手法,設計・施工への適用(8 問)
  • F.管 理 技 法 (8問)
  • G.入札・契約制度,仕様書等の知識(6 問)
続きを読む

平成26年度 地質調査技士資格検定試験 過去門

f:id:xxxnobuxxx:20190304140003j:plain

平成26年度 第49回 地質調査技士資格検定試験
「現場技術・管理部門」

  • A.社会一般,建設行政等の知識(10 問)
  • B.地質,土木・建築等の知識(14 問)
  • C.現場技術の知識 (26問)
  • D.調査技術の理解度 (8問)
  • E.解析手法,設計・施工への適用(8 問)
  • F.管 理 技 法 (8問)
  • G.入札・契約制度,仕様書等の知識(6 問)
続きを読む

平成27年度 地質調査技士資格検定試験 過去門

f:id:xxxnobuxxx:20190304140007j:plain

平成27年度 第50回 地質調査技士資格検定試験
「現場技術・管理部門」

  • Ⅰ.社会一般,行政、入札契約等(16 問)
  • Ⅱ.地質、測量、土木、建築等の知識(12問)
  • Ⅲ.現場技術の知識(38問)
  • Ⅳ.調査技術の理解度(12問)
  • Ⅴ.解析手法,設計・施工への適用(12問)
  • Ⅵ.管理技法 (10問)
続きを読む

平成28年度 地質調査技士資格検定試験 過去門

f:id:xxxnobuxxx:20190304140014j:plain

平成28年度 第51回 地質調査技士資格検定試験
「現場技術・管理部門」

  • Ⅰ.社会一般、行政、入札契約等
  • Ⅱ.地質、測量、土木、建築等の知識(12問)
  • Ⅲ.現場技術の知識(38問)
  • Ⅳ.調査技術の理解度(12問)
  • Ⅴ.解析手法,設計・施工への適用(12問)
  • Ⅵ.管理技法 (10問)
続きを読む

平成29年度 地質調査技士資格検定試験 過去門

f:id:xxxnobuxxx:20190304140019j:plain

平成29年度 第52回 地質調査技士資格検定試験

「現場技術・管理部門」

  • Ⅰ.社会一般、行政、入札契約等
  • Ⅱ.地質、測量、土木、建築等の知識(12問)
  • Ⅲ.現場技術の知識(38問)
  • Ⅳ.調査技術の理解度(12問)
  • Ⅴ.解析手法,設計・施工への適用(12問)
  • Ⅵ.管理技法 (10問)
続きを読む

平成30年度 地質調査技士資格検定試験 過去門

f:id:xxxnobuxxx:20190304140144j:plain

平成30年度 第45回 地質調査技士資格検定試験
「現場技術・管理部門」

  • A.社会一般,建設行政等の知識(10 問)
  • Ⅱ.地質、測量、土木、建築等の知識
  • Ⅲ.現場技術の知識(38問)
  •  Ⅳ.調査技術の理解度(12問)
  • Ⅴ.解析手法,設計・施工への適用(12問)
  • Ⅵ.管理技法 (10問)

この年度に関しては解説が間に合っていません。ご了承ください。

続きを読む

作業足場の仮設について

足場の問題に関しては、過去問でも出題回数が多いです。調査ボーリングの作業に直結し、管理者としては必ず確認しなければならないことでもあるため、出題回数が多いと考えられます。

まず先に足場仮設に関することで覚えなければいけないことは、

  • 高さ2m以上の足場の作業床は、幅40cm以上とする。
  • 高さ2m以上の作業場所に設ける作業床の要件として、床材と建地との隙間を12cm未満とする
  • 単管足場1スパンの載荷荷重は、4kN以下とする。
  • 高さ5m以上の足場組み立て、解体または変更の作業には、作業主任者の選任が必要である。
  • 高さ2m以上の足場には、高さ85cm以上の手すり(中さんをつける)を設ける。
  • 当日の作業開始前に「手すり等の取りはずしや脱落の有無の点検」の実施
  • 悪天候等後に実施する点検内容等の記録とその保存

また作業を行うには、特別教育「足場の組立て等特別教育」を受講しなければいけません。

 

詳細は、厚生労働省(足場からの墜落防止のための措置を強化します)をご覧ください

https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/150618-2.pdf

続きを読む